ニュース

光陰矢の如し

今年もあっという間に過ぎ去りました。 そして平成も30年が経ち、生まれた子供も30歳になりました。 それに比べれば手形サイトの90日や120日はもっとあっという間に来るのでしょうが、 東信商事の手形割引なら、それよりもっとあっという間に資金化できます。   ところで、「光陰矢の如し」とは、「月日が過ぎるのは矢のように速い」ことを意味する一方、その放たれた矢は「二度と戻ってこない」もので、取り戻せない時間を大切にしようという教訓です。 8月15日に本ブログに記載した「覆水盆に返らず」に続き年末も格言シリーズでしつこいようですが、資金繰りで後悔しないためにも、東信商事の手形割引をご検討ください。 佐藤