ニュース

日枝神社・山王祭

古くは徳川将軍家の産土神、江戸城の鎮守として知られる日枝神社。6月15日の大祭である山王祭は京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本三大祭の1つと称されています。 8日(金)は山王祭の中でも隔年開催の「神幸祭」が行われました。神幸祭の起源は1616年といわれ、神輿行列と山車行列が永田町の日枝神社を朝に出発し、靖国神社、皇居坂下門、日本橋日枝神社、日比谷公園、国会議事堂前などを通って夕方に再び日枝神社に戻る、というほぼ半日がかりの壮大なイベントです。 わが東信商事の目の前、鍛冶橋通り宝町交差点付近でも勇壮な現代の王朝絵巻を見ることができました。 総勢500人からなる神輿行列、山車行列は壮観でした。 (但し祭の行列で使われる車道1車線以外は通常通り車が行き交う中でしたので、シャッターチャンスが少なく難儀しました・・・《汗》) 営業グループ・元澤 山王祭①   山王祭④   山王祭③