ニュース

「春を待って」

17日間続いたピョンチャン五輪も閉幕となり、日本人選手の活躍で思いのほか 予想以上の 盛り上がりとなりました。 帰国後テレビでメダリストのインタビューを放映していましたが見ていてとても 微笑ましく頼もしい光景でした。 最終的に日本が獲得したメダルは、金4個 銀5個、銅4個 の合計13個、立派なものです。 日本海側の地方では寒波のせいで大雪の被害が多く出ましたがここらで一つの区切りとなり 季節の変わり目を迎えるもようで、関東地方では2~3日後には春一番が吹くとのことです。 ずっと冬眠していた虫たちもそろそろ顔を出すことでしょう。(啓蟄は3/6日) 正直暑がり体質の私でしたが今年の冬は非常にこたえました。 世間では政府も含め景気の上向きを非常にアピールしていますが恩恵を受けているのは ごく一部の層だけで、私たちが接する中小企業の経営者様はなかなかかなかそこまでの 実感はない模様です。 ぜひ季節的な春と共に経済的にも本格的な春を迎えたいものです。   安藤